Need Help?

Research Center for World Buddhist Cultures

世界仏教文化研究センター

活動内容

【2018年2月11日(日)】世界仏教文化研究センター公開研究会「人類知のポリリズム―華厳思想の可能性―」

開催日時
2018年2月11日(日)13:00~18:00
開催場所
龍谷大学 大宮学舎 清和館3Fホール
講演者

2018年2月11日(日)、龍谷大学大宮学舎清和館3Fホールで、公開研究会「人類知のポリリズム―華厳思想の可能性―」が開催されました。以下のPDFから研究会録をお読みいただけます。

◆ 研究会録(PDF) ◆

中沢新一先生、講演テーマ「レンマ学としての華厳」

 

河合俊雄先生、講演テーマ「ユング派心理療法と華厳経」

 

ディスカッションの様子(向かって右より唐澤太輔氏、野呂靖氏、中沢新一氏、河合俊雄氏、亀山隆彦氏)

 

会場の様子

 

(ポスター〔低画質〕)

<満員御礼>◎入場無料、要予約。下の「お申し込みフォーム」もしくはお電話でご予約ください。 

◎予約受付は終了いたしました。大変多くのお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。

プログラム

13:00 ~ 13:10  挨拶:能仁 正顕 ( 龍谷大学世界仏教文化研究センター長)


第一部

13:10 ~ 13:40 発表 ① :唐澤 太輔「南方熊楠の生命観と華厳思想」

13:45 ~ 14:15 発表 ② :野呂 靖「明恵の<夢>と華厳思想」

14:20 ~ 14:50 発表 ③ :亀山 隆彦「マンダラと法界:東アジア密教における華厳思想の意義」


第二部

15:00 ~ 15:50 講演 ① :河合 俊雄「ユング派心理療法と華厳経」

16:00 ~ 16:50 講演 ② :中沢 新一「レンマ学としての華厳」


第三部

17:00 ~ 17:50 ディスカッション (中沢新一×河合俊雄×唐澤太輔×野呂靖×亀山隆彦)

17:50 ~ 18:00 謝辞

総合司会:金澤豊 ( 龍谷大学世界仏教文化研究センター博士研究員)


プロフィール

中沢新一(NAKAZAWA, Shinichi)

中沢新一氏

◎ 講演タイトル「レンマ学としての華厳」

1950年5月28日生

明治大学野生の科学研究所所長

東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了

思想家・人類学者

主著書・論文:『チベットのモーツァルト』(サントリー学芸賞)、『森のバロック』(読売文学賞)、『フィロソフィア・ヤポニカ』(伊藤整文学賞)、『アースダイバー』(桑原武夫学芸賞)、『カイエ・ソバージュ』シリーズ(第5巻『対称性人類学』で小林秀雄賞)、『熊楠の星の時間』(2016年講談社)など多数。これまでの研究業績が評価され2016年5月に第26回南方熊楠賞(人文の部)を授賞。

 

河合俊雄 (KAWAI, Toshio)

kawai

◎ 講演タイトル「ユング派心理療法と華厳経」

1957年9月30日生

京都大学こころの未来研究センター教授(副センター長) 、財団法人河合隼雄財団代表理事

博士(チューリッヒ大学)

臨床心理学者

主著書・論文:『概念の心理療法』(日本評論社)、『ユング―魂の現実性―』(講談社)、『心理臨床の理論』(岩波書店)、『村上春樹の「物語」夢テキストとして読み解く』(新潮社)、『ユング派心理療法』(ミネルヴァ書房)他多数。翻訳にC.G.ユングの『赤の書』(創元社)など。1993年にEgnér奨励賞を授賞。

 

唐澤太輔 (KARASAWA, Taisuke)

IMG_20171111_232906

◎ 発表タイトル「南方熊楠の生命観と華厳思想」

1978年5月23日生

龍谷大学世界仏教文化研究センター博士研究員、本会コーディネーター

博士(学術、早稲田大学)

倫理学、南方熊楠研究

主著書・論文:『南方熊楠の見た夢―パサージュに立つ者―』(勉誠出版)、『南方熊楠―日本人の可能性の極限―』(中公新書)、『「裏日本」文化ルネッサンス』(社会評論社、共著)。2008年「ひらめきと創造的活動のプロセス―南方熊楠の「やりあて」に関する考察を中心に―」で第5回中外日報社「涙骨賞」並びに早稲田大学小野梓記念学術賞を授賞。

 

野呂靖 (NORO, Sei)

野呂先生写真

◎ 発表タイトル「明恵の<夢>と華厳思想」

1979年1月28日生

龍谷大学文学部准教授

博士(文学、龍谷大学)

日本仏教、華厳学

主著書・論文:「明恵門下における『即身成仏義』解釈-高信撰『六大無碍義抄』上巻翻刻-」(『仏教学研究』62・63合併号)、「中世華厳教学における浄土義解釈」(『印仏研』56巻1号)、「存覚撰『歩船鈔』における聖道門理解-「華厳宗」項の検討を中心に-」(『真宗研究』55号)、「智積院新文庫蔵『華厳五教章』注釈書にみる中世後期の華厳学」(『印仏研』60・2号)、「自死対策における宗教者の役割」(『ケアとしての宗教』叢書宗教とソーシャル・キャピタル第3巻、共著、明石書店)、『明恵上人夢記訳注』(訳注執筆、夢記年表・明恵略年表編集、勉誠出版)

 

亀山隆彦 (KAMEYAMA, Takahiko)

亀山さん写真

◎ 発表タイトル「マンダラと法界:東アジア密教における華厳思想の意義」

1979年7月31日生

龍谷大学非常勤講師/世界仏教文化研究センター リサーチ・アシスタント

博士(文学、龍谷大学)

仏教学、密教学

主著書・論文:「六大と赤白二渧 : 真言密教思想における胎生学的教説の意義」(『真宗文化 : 真宗文化研究所年報』26号)、「『駄都秘決鈔』の五蔵曼荼羅理解」(『仏教学研究』71号)、“‘Correct Awareness and Firm Belief’ (shinchi) in the Saigokanjo jogyo shin’yoho”(『印仏研』64・3号)、“Arising of Faith in the Human Body: The Significance of Embryological Discourses in Medieval Shingon Buddhist Tradition”(Pacific World: Third Series, vol.18)、『聖一派 中世禅籍叢刊第4巻』(『東寺印信等口決』翻刻・解題、臨川書店)、『聖一派 続 中世禅籍叢刊第11巻』(『菩提心論随文正決』巻3翻刻、全体校訂、臨川書店)

 

主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター
共催
明治大学野生の科学研究所
京都大学こころの未来研究センター
龍谷学会
協力
龍谷大学仏教文化研究所「仏教と聖地に関する総合的研究―聖なる表象とは何か―」研究代表:楠淳證
龍谷大学アジア仏教文化研究センター

 

ポスター表(高画質)

ポスター(表)高画質

ポスター(裏)高画質

ポスター(裏)高画質

◎ 要予約

定員150名様、入場無料

◎ お申し込みは、「お申し込みフォーム」に、① 氏名(フリガナ)、② 参加人数、③ E メールアドレス、④ 電話番号を入力の上、送信してください。

 送信ができた時点で予約完了です。

 こちらからの予約完了メールはお送りしておりません。

 当日、受付にてお名前と人数をお知らせ下さい。

定員になり次第、締め切ります。

 

満員御礼(12月28日) 予約受付は終了いたしました。

お申し込みフォーム(クリックでフォームへ移動します)

◎ お電話でのお申し込みは

075-343-3812

龍谷大学世界仏教文化研究センターまで。(平日10~17 時、土日祝は休み)

2017年12月29日(金)~2018年1月8日(月)まで冬期休業中のため、お電話での受け付けができません。どうぞご了承下さい。
◎ ご不明な点やキャンセルは、世界仏教文化研究センターまでお電話でお問い合わせください。
〒 600-8268 京都市 下京区 七条通 大宮東入 大工町125-1 龍谷大学 大宮学舎 白亜館3F
龍谷大学世界仏教文化研究センター (075-343-3812)
※お申込みいただいた個人情報は、本会の運営以外の目的には使用いたしません。

交通アクセス
●JR東海道本線・近鉄京都線「京都」駅下車、北西へ徒歩約10分(市バス約3分)
●京阪本線「七条」駅下車、西へ徒歩約20分
●阪急京都本線「大宮」駅下車、南へ徒歩約20分(市バス約5分)

 

会場:龍谷大学大宮学舎清風館3Fホール(下記地図をクリックしてください)

omiya

oomiya

清和館3Fホール

清和館3Fホール