Need Help?

Research Center for World Buddhist Cultures

世界仏教文化研究センター

活動内容

【1月18日~19日】国際シンポジウム「日本仏教の展開とその造形」(International symposium “Medieval Japanese Buddhist Practices and Their Visual Art Expressions”)が開催されました。

開催日時
2019年1月18~19日
開催場所
ハーバード大学ライシャワー日本研究所
講演者

 

ハーバード大学ライシャワー日本研究所と龍谷大学アジア仏教文化研究センター(BARC)の共催で、国際シンポジウム「日本仏教の展開とその造形」(International symposium “Medieval Japanese Buddhist Practices and Their Visual Art Expressions”)が、ハーバード大学ライシャワー日本研究所で開催されました。

 

龍谷大学アジア仏教文化研究センターおよび世界仏教文化研究センターからは、楠淳證氏(BARCセンター長、龍谷大学文学部教授)、藤丸要氏(BARC研究員、龍谷大学文学部教授)、道元徹心氏(BARC研究員、龍谷大学理工学部教授)が発表者として、亀山隆彦氏(世界仏教文化研究センターRA)が通訳として参加しました。

 

本シンポジウムには、楠、藤丸、道元の三氏を含む国内外の計一七名の研究者が参集し、以下の五組のパネルを編成しました。

 

第1パネル「聖徳太子信仰とその造形」(Prince Shōtoku Worship and Its Artistic Traditions)
第2パネル「ハーバード美術館セジウィック家蔵聖徳太子二才像とその周辺」(Harvard Museum Sedgewick Shōtoku Taishi at Age Two and Its Surroundings)
第3パネル「南都北嶺の仏教」(Buddhism of Nara Buddhist Temples, Buddhism of Mount Hiei and Surrounding Tendai Temples)
第4パネル「日本密教の展開とその造形」(Development of Medieval Japanese Esoteric Buddhism and Its Art)
第5パネル「密教と浄土教の交渉」(Interaction between Esoteric Buddhism and Pure Land Buddhism)

 

これらパネルを通じて、日本仏教の歴史、思想、文化について、研究分野を超えた活発な議論が交わされました。

 

シンポジウムの様子

 

 

 

 

主催
ハーバード大学ライシャワー日本研究所、龍谷大学アジア仏教文化研究センター