Need Help?

Research Center for World Buddhist Cultures

世界仏教文化研究センター

活動内容

【開催報告】2019年10月26日(土)北京・第四回日中蔵学研究セミナー並びに龍谷大学創立380周年記念事業「日中蔵学研究の現状」が開催されました

開催日時
2019年10月26日(土)9:00~17:30
開催場所
北京・中国蔵学研究中心3階第1会議室
講演者

※※※※※ ※※※※※ ※※※※※ ※※※※※ ※※※※※

 

開催報告

 

龍谷大学と中国蔵学研究中心は、2011年に締結した学術交流に関する協定にもとづき、2019年10月26日、北京にある中国蔵学研究中心に於いて、チベットおよび仏教研究を中心とする学術交流会を開催した。今回が四度目の開催である。従来は不定期であったが、2017年12月2日龍谷大学世界仏教文化研究センターが主催した国際シンポジウムに引き続き、二年に一度交互に主催し定期的に交流の場をもつことで両者が合意し、本学からは7名が参加し研究発表を行った。中国蔵学研究中心からは9名の研究者が研究発表を行い、それぞれチベット学に関する最新の研究成果を報告した。相互の理解を深めることができ有益な学術交流会となった。加えて今回の研究セミナーが本学創立380周年記念事業の一つとして開催され祝福されたことも有意義であった。

 

 

 

 

開幕式では、中国蔵学研究中心を代表して鄭堆(ダムドゥル)総幹事(センター長)と本学代表の文学部教授能仁正顕が挨拶を行い、龍谷大学と蔵学研究中心との学術交流の今に至る歴史をふり返るとともに、その意義を顕彰した。また記念品の交換を行い、中国蔵学研究中心よりは『中華大蔵経・蔵文対勘本』(デジタル版)を、本学よりは世界仏教文化研究センター、古典籍・文化財デジタルアーカイブ研究センター、龍谷ミュージアムの最新学術誌・出版物などを互いに贈呈した。なお贈呈されたデジタル版『中華大蔵経』は、大宮図書館に収め、使用環境を整え積極的な活用を図っていく予定である。

 

 

 

また本研究セミナーの開催は、中国蔵学研究中心の公式サイト「中国蔵学網」と微信(WeChat)公式アカウントのほか、人民網・中国網・中新網・中国西蔵網などの中国の重要なマスコミサイトにも取り上げられ、関連記事が掲載されたことを申し添えます。

 

以下主要マスコミ記事のリンクを附します。

 

★中国蔵学研究中心掲載記事★

 

★中国蔵学研究中心公式サイト中国蔵学網記事

http://www.tibetology.ac.cn/fg/zgzx/news/newsdetails.html?newsId=2c9088726dcb537d016e20c6f14b0044

 

★中国蔵学研究中心WeChat公式アカウント記事

https://mp.weixin.qq.com/s/1pBVwNuCy67CsmbAWVUUsw

 

★中国主要マスコミ掲載記事★

 

★中新網(中国新聞網)「第四届中日蔵学研討会在北京召開」

http://www.chinanews.com/m/cul/2019/10-26/8990410.shtml?f=qbapp

 

★人民網(中国新聞網記事転載)「第四届中日蔵学研討会在北京召開」

http://culture.people.com.cn/n1/2019/1027/c1013-31422145.html

 

★中国網「第四届中日蔵学研討会在京挙行」

http://cul.china.com.cn/2019-11/01/content_40943995.htm

 

★中国西蔵網−“第四届中日蔵学研討会”在中国蔵学研究中心召開

http://www.tibet.cn/cn/news/yc/201910/t20191027_6699495.html

 

 

 

※※※※※ ※※※※※ ※※※※※ ※※※※※ ※※※※※

第四回日中蔵学研究セミナー並びに龍谷大学創立380周年記念事業

日中蔵学研究の現状

 

プログラム

主 旨 説 明:李学竹(中国蔵学研究中心研究員)

主催側代表挨拶:鄭堆(ダムドゥル)(中国蔵学研究中心総幹事(=センター長)、研究員)

日本側代表挨拶:能仁正顕(龍谷大学文学部教授)

 

 

※※※ 午前の部〈経義文献研究〉 ※※※

〈第1部〉

 

徳吉卓瑪(ドルジ・ドルマ)(中国蔵学研究中心 研究員(※教授相当))

敦煌吐蕃藏文文献P.T.999号の解読

 

早島慧(龍谷大学文学部 講師)

チベット訳Sūtrālaṃkāravṛttibhāṣyaにおける翻訳の特徴について

 

吉田哲(龍谷大学経済学部 准教授)

蔵訳『カラーパ·スートラ』及び『カラーパ·スートラ·ヴリッティ』についての問題点の整理

 

頓珠次仁(ドゥンドゥプ・ツェリン)(中国蔵学研究中心宗教研究所 助理研究員(※講師相当))

古典チベット語の文法展開について――蔵訳『法華経』コータン写本第十三品を例として

 

〈第2部〉

録目草(ルモツォ)(中国蔵学研究中心 助理研究員)

四讃(Catuḥstava)の蔵文経典における釈義

 

三谷真澄(龍谷大学国際学部 教授)

漢字·非漢字資料のデジタルアーカイブの現状

~龍谷大学古典籍·文化財デジタルアーカイブ研究センターの挑戦

 

高 穎(中国蔵学研究中心 副研究員(※准教授相当))

チベット仏教大中観思想概説

 

※※※ 午後の部〈歴史文化研究〉 ※※※

〈第1部〉

岩尾一史(龍谷大学文学部 准教授)

四川から青海を経て敦煌へ:9-10世紀のチベット文化圏と交通

 

達哇次仁(ダワ・ツェリン)(中国蔵学研究中心 研究員)

葉巴噶挙(イェパ・カギュ)と達那(タルナ)寺について

 

拉先加(ラシャムジャ)(中国蔵学研究中心宗教研究所副所長、副研究員)

究明青海チベット仏教寺院名称中の歴史的関連情報

 

陳立健(中国蔵学研究中心 研究員)

雲南麗江ナシ族地域におけるチベット仏教の伝播と現状について

 

孟秋麗(阿音娜アインナ)(中国蔵学研究中心 副研究員)

モンゴル高僧察罕達爾漢・綽爾濟について

 

〈第2部〉

索南多傑(ソナム・ドジ)(中国蔵学研究中心図書館 館員(※学芸員近似))

吐蕃期における大日如来仏石刻造像およびその信仰の研究

 

岩田朋子(龍谷ミュージアム 准教授)

釈迦牟尼世尊絵伝に表される鬼子母神教化物語

 

能仁正顕(龍谷大学文学部 教授)

日本におけるチベット学研究の歩みと多田等観

 

李曼寧(龍谷大学 非常勤講師、世界仏教文化研究センター 客員研究員)

概説今枝由郎訳著『ダライ・ラマ六世彷徨恋愛詩集』

 

通訳担当

李学竹(中国蔵学研究中心 研究員)

李曼寧(龍谷大学 非常勤講師、世界仏教文化研究センター 客員研究員)

嘉木揚・凱朝(ジャムヤン・カイチョウ)(中国社会科学院世界宗教研究所 研究員)

 

 

 

 

 

 

主催
中国蔵学研究中心
共催
龍谷大学世界仏教文化研究センター
ポスター
2019年10月26日(土)北京・第四回日中蔵学研究セミナー並びに龍谷大学創立380周年記念事業「日中蔵学研究の現状」