Need Help?

Research Center for World Buddhist Cultures

世界仏教文化研究センター

活動内容

【開催報告】12月10日(木)講演会「悪人正機の倫理学」

開催日時
2020年12月10日(木)
開催場所
オンライン(Zoom)
講演者

藤丸 智雄 氏(本願寺派総合研究所 副所長)

 

2020年12月10日、藤丸智雄氏を招いて講演会“悪人正機の倫理学”を開催した。仏教学が専門の藤丸氏は、近年は仏教と「公共性」や「倫理」問題等にも取り組み、多くの成果を発表されている。講演では、本願寺派が発行する『季刊せいてん』の連載内容をもとに、親鸞と倫理をめぐる問題群について論じられた。以下講演の内容である。

 

倫理問題は神の命令が絶対でなくなり、民主主義の萌芽が台頭するなかで生じた。自由を獲得した人々は、自ら「なすべきこと」(善)と「なすべきでないこと」(悪)を検討する必要性に迫られた。

 

果たして、仏教は倫理的と言えるのか。「生まれながらバラモンになるのではない。行いによってバラモンになる」という「行為」を重視する釈尊の教説にもとづけば、仏教は倫理的性格を大いに有しているといえる。ただし仏典には、身口意の三業のうち身業が重要だと説いて苦行を奨励するニガンタ・ナータプッタの弟子が、意業が重要だと説くブッダに出会って、回心する場面が説かれている。つまり帰結主義ではない、行為に結びつく意業(意思)をより重要視する仏教の姿もみてとれる。

 

釈尊同様、親鸞もまた倫理にまつわる記述を多く残した。なかでも『歎異抄』にはその様子を多く伺うことが出来る。例えば第一章には「しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきゆゑに。悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきゆゑにと云々」とあり、弥陀の救済と個人の善悪が結びつけられておらず、であるがゆえに善悪を考える積極的必然性が生じたと考えられる。

 

また第四章には、聖道の慈悲について「おもふかことく、たすけとくること、きはめてありかたし」とあり、他方、浄土の慈悲について「今生にいかにいとをし不便とおもふとも、存知のことく、たすけかたけれは、この慈悲始終なし」とある。本箇所には、釈尊と同じ動機説を支持し、帰結主義の不完全性を説く親鸞の姿が読みとれる。

 

ただし、行為を導く「意思」をめぐっては、個人において完結しているとは言い難く、無数の縁に拠るという側面がある。したがって独立した自由意思を認めるかどうかは、極めて難題である。『歎異抄』第八章では、「念仏は行者のために非行非善なり。わかはからひにて行するにあらされは非行といふ。わかはからひにてつくる善にもあらされは非善といふ」と述べられるなど、親鸞もまた個人の独立した意志にもとづく行為を否定している。背景には「普遍」なる阿弥陀如来によって善悪を知ることの限界に到達した親鸞自身の信仰的立場があった。このような立場に立って浄土真宗は善悪を問うてきたのである。

 

質疑応答では、親鸞の「消息」に、信心獲得によって「無明の酔いもようやくすこしずつさめ、三毒をもすこしずつこのまなくな」る実態が説かれており、念仏者は善を為すよう努力するようになる、と解釈できる点などをめぐって議論された。今後、『歎異抄』以外のテクストも考慮した親鸞の倫理問題を考察することの必要性などについて意見が交わされ、講演会は終了した。

 

藤丸智雄氏

 

オンライン中継の様子

 

会場の様子

 

参加者との記念撮影

 

主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター(RCWBC)

【開催報告】第 6 回 沼田智秀仏教書籍 優秀賞受賞講演会「翻訳とは何か? 天台仏教関連文献英訳の40 年と今後の課題」

開催日時
2021年2月12日(金)17:00-18 :30
開催場所
Zoomによるオンライン開催
講演者

Paul Swanson氏(南山大学 名誉教授)

 

沼田智秀仏教書籍優秀賞受賞は、特に西欧における仏教研究の発展を支援するために、2009年に設立された。毎年、英語で執筆された仏教学術書の中から優秀な作品が選定されている。2019年度は『Clear Serenity, Quiet Insight: T’ien-t’ai Chih-i’ Mo-ho chin-kuan』(全3巻、ハワイ大学出版)を上梓したPaul Swanson氏(南山大学名誉教授)が受賞した。

 

2021年2月12日、受賞を記念し、当センターではSwanson氏をオンライン講演会講師として招聘し、「翻訳とは何か?天台仏教関連文献英訳の40年と今後の課題」と題した記念講演会を開催した。Swanson氏の講演内容は以下の通りである。

 

冒頭、スワンソン氏は「この度、ライフワークである『摩訶止観』の翻訳研究で沼田賞を受賞できたことを大変光栄に思う」と述べた。『摩訶止観』に関しては現在、仏教伝道協会による註を付さない形式の翻訳も進められている。これに対して氏の翻訳書は註を多く用いている。註による解説によって『摩訶止観』の実像をより正確に翻訳できると考えたからであるという。

 

「翻訳とは何か?」について、氏は三つの側面があると論じた。まず、言葉や単語、熟語そのものの意味を把握すること。しかしそれだけでは十分でない。そこで重要となるのが二つ目のテクストの思想的・歴史的・社会的文脈を踏まえることである。個々の単語や熟語そのものの意味を単純に表すだけでなく、言葉の意味は前後の文脈によって決定されなければならない。例えば「Mary had a little lamb」という一文は、「メリーは子羊を飼っていた」と直訳可能だが、実際には「子羊を食べた」「子羊を騙した」「子羊を産んだ」という意味にもとれる。いずれが正しいかを定めるにはやはり背景の把握が不可欠となる。

 

最後に、翻訳のターゲットとする読者層を定めること。誰のための翻訳なのか、専門家か一般読者か。対象次第で翻訳方法は大きく変わる。これら三重側面を総合しつつ翻訳を行っている。

 

他にも翻訳の際は、一つの言葉で置き換えるだけでなく、複数の異なる視点の文章を加えることや、同じ言葉に可能な限り同一単語を使用する統一性、さらに経典の原文との擦り合わせなど、注意を払うべき点は多岐に渡る。上記を踏まえて、さらに不十分な際には註で解説を加えるのがスワンソン氏のスタイルである。講演のなかで氏は、翻訳が単純な言葉の置き換えでないことを、実際の『摩訶止観』や『法華玄義』の翻訳プロセスに沿って明らかにした。

 

講演に続き、龍谷大学教授の長谷川岳史氏がコメンテーターを務めた。長谷川氏は、一般的な文献研究と異なり、「全てを訳す」という意味において、翻訳は逃げが許されない点を指摘し、40年以上に渡り翻訳に取り組んで来たスワンソン氏の功績を讃えた。また、翻訳の三重側面に関して、中国語を翻訳しなかった日本仏教の特性を指摘して、日本国内の注釈書をもって中国仏教を把握しようとする研究姿勢に疑義を呈し、スワンソン氏同様、中国の文脈で読み解くことの重要性を強調した。

 

その後、参加者との活発な質疑応答を経て、最後にスワンソン氏より「今後は『法華玄義』の翻訳にも取り組みたい」と抱負が述べられ、講演会は終了した。

 

※当日の様子をYouTubeにて公開しました。

 

司会の嵩満也氏

 

仏教伝道協会理事長の桂紹隆氏

 

講演者のSwanson氏

 

講演の様子

 

コメンテーターの長谷川岳史氏

 

Swanson氏の受賞作品

 

 

主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター(RCWBC)
共催
公益財団法人仏教伝道協会
ポスター
沼田賞受賞講演会_Paul Swanson氏

【開催報告】2020年12月3日(木)学術講演会「仏教とイスラーム:17世紀以前の相互言及における「仏陀」と「預言者」に注目して」を開催しました

開催日時
2020年12月3日(木)10:45~12:45
講演者

小布施 祈恵子 (神戸市外国語大学客員研究員)

 

   司会    佐野 東生 (龍谷大学教授)

コメンテーター1 嵩 満也  (龍谷大学教授)

コメンテーター2 井上 善幸 (龍谷大学教授)

 

内容

本講演は、仏教とイスラームの比較研究を専門とする小布施祈恵子氏を招き、比較上の理論的前提と具体例について解説した上で、インドにおける仏教からイスラームへの変遷の歴史を基に、両宗教の相手宗教への誤解を含む肯定的・否定的評価が論じられた。

まず諸宗教の比較研究上の理論的整理として排他主義、包括主義、多元主義的立場がその限界を含め紹介され、現代的な立場として比較神学を基に、諸宗教の類似性を価値判断を交えず評価する並列主義の有効性が説明された。次いで、イスラームと仏教の比較研究の例でイムティヤーズ・ユースフとシャー=カーゼミーを取り上げ、それぞれ実践的、理論的立場から両宗教の類似点の究明がなされていることが指摘された。

これを基にインドにおける仏教とイスラームの歴史的関係の例が説明され、イスラームへの否定的見解として『時論タントラ』にみられるイスラーム侵入に伴う仏教側の否定的見解の例や、イギリスのインド植民地化に伴うイスラームへの負のイメージの宣伝の例などが挙げられた。他方でイスラーム側のマスウーディーなどの史料で仏教をある程度評価した例もあり、現代において歴史の「脱植民地」的再評価、および並列主義的な研究方法の導入による仏教・イスラーム間の誤解を解いた新たな比較研究の可能性、および対話促進の方向性が論じられた。

 

講演者:小布施 祈恵子

 

司会:佐野 東生

 

コメンテーター1:嵩 満也

 

コメンテーター2:井上 善幸

主催
世界仏教文化研究センター基礎研究部門特定公募研究(共同)「イスラームのズィクル(唱念)と仏教の念仏の比較考察」
ポスター
小布施氏学術講演会ポスター

 

発表スライド 小布施「仏教とイスラーム」

【開催報告】2020年10月30日(金)研究セミナー「日清戦争後の本願寺派に見る起業熱と財界連携」を開催しました

開催日時
2020年10月30日(金)
講演者

中西直樹氏(龍谷大学 教授)

 

司会

林行夫氏(龍谷大学 教授)

コメンテーター

近藤俊太郎(龍谷大学 非常勤講師)

 

2020年10月30日、中西直樹氏による講演「日清戦争後の本願寺派に見る起業熱と財界連携」が開催された。龍谷大学教授の中西氏は日本仏教史、特に近代における仏教者・教団の動向を対象として研究している。本講演では、明治20・30年代における本願寺派の経済的活動に注目し、その拡大に伴う宗教団体としての自己意識の変容について論じた。

 

コロナ禍にともなう感染防止のため、本研究セミナーはオンラインで開催された。中西氏の講演に続き、近藤氏のコメントを踏まえ、全員の討論が行われた。司会は林氏が担当した。中西氏の講演内容は以下の通りである。

 

僧侶は、営利を目的とする活動を行わない理念とその僧侶が属する組織を経済的に維持しなければならない事実とが様々な問題の起源である。宗教団体の資本的な基盤は、門信徒と末寺による納付金の他にその集団と連携する企業にある。それらの活動を表面的に本山と結びつかないために複雑なメカニズムが成立したが、それを明らかにすることが本講演の前半の目的であった。それに基づき、後半では本願寺の大法要に注目し、近代において可能になった大人数の移動による収入およびそれと関連した鉄道普及について分析を行った。

 

浄土真宗は、持戒などの理由で経済的な活動が戒められる教義的な背景がないため、浄土真宗系の企業を設立することが問題にならないと思われやすい。しかし実際に、本願寺派は他宗派と同様に僧侶と信徒との活動の区別を非常に慎重に考察し、起業の際にも注意を払った。したがって、営利を目的とした活動は門信徒の担当になり、僧侶がそれに表面的に関わらないように工夫された。その議論における代表的な事例は、「真宗本派生命保険」が「真宗信徒生命保険」と改名したことである。

 

19世紀末から20世紀にかけて、京都では多くの大イベントが控えられ、それに伴う人の移動による経済的な可能性は鉄道の普及にも繋がった。1895年には、第4回内国勧業博覧会のほか大谷派本山の落慶法要が行われ、1897年には本願寺派と大谷派が蓮如400年遠忌法要を勤めた。いくつかの鉄道会社はそれを契機に、大人数の参詣者をターゲットに運賃の半額切符や宝物館拝観割引などを提供した。その作戦は、それらの会社にとって重要な収益源になったとともに、新たな参詣規模をもたらした。

 

門信徒の宗教活動と僧侶側との関わり方は、以上の2例が示す形で変容してきたが、それに伴って仏教全般のあるべき姿のみではなく、本願寺派特有のあり方の議論にも影響を及ぼした。宗教的活動は、膨大な経済力との結びつきが徐々に強くなるにつれ、本願寺と「貧者」との繋がりが薄れてしまう心配などが疑問視される段階までに至った。本講演は、以上の事例のほか多くの史料を分析し、本願寺派の宗教的経済的活動の要素と関係を解明し、これからの本研究班内外における研究の新たな展望を提示した。

 

中西直樹氏(講師)

 

近藤俊太郎氏(コメンテーター)

 

オンライン参加者

主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター 仏教史・真宗史総合研究班「近現代アジアにおける仏教の所在と社会的役割」研究班(代表:林行夫)
ポスター
中西氏研究セミナーポスター

学術講演会「仏教とイスラーム:17世紀以前の相互言及における「仏陀」と「預言者」に注目して」

開催日時
2020年12月3日(木)10:45~12:30
開催場所
オンライン講演会(ZOOM) 
講演者

小布施 祈恵子(神戸市外国語大学客員研究員)

 

【講 題】

”仏教とイスラーム:17世紀以前の相互言及における「仏陀」と「預言者」に注目して”

 

【内 容】

仏教徒とムスリム(イスラーム教徒)の関係は、近年ミャンマー、スリランカ、タイにおける宗教・民族間の緊張関係の高まりにともない注目されつつある。本講演では仏教徒とムスリムの相互認識・表象の通時的多様性をその歴史的文脈に即して検討し、ステレオタイプ化されがちな仏教徒とムスリムの関係のより包括的な理解を目指す。具体的にはインド亜大陸、中国、モンゴル帝国などから相互言及の例をひいて考察する。また教義の中でも仏教における「仏陀」(菩薩を含む)とイスラームの「預言者」の概念がどのように相互理解(または誤解)に寄与しているかを分析し、現代の宗教間対話・相互理解の試みにおいて持ちうる可能性を考える足がかりとしたい。

 

講 師 小布施 祈恵子(神戸市外国語大学客員研究員)

大阪府出身。京都大学文学部卒業。オックスフォード大学神学部にて修士号・博士号を取得。専門は宗教学。タイ国立マヒドン大学宗教学部講師を経て、現在、神戸市外国語大学客員研究員。

 

主要論文に“Finding God in Buddhism: A New Trend in Contemporary Buddhist Approaches to Islam” Numen 62:4 (2015)など。共著に『クルアーン入門』松山洋平編(作品社、2018年)、共編著にThe Oxford Handbook of the Sociology of the Middle East (Armando Salvatore, Sari Hanafiとの共編、Oxford University Press, forthcoming) がある。

 

【プログラム】

10:45~10:50 開会あいさつ:本研究代表・佐野 東生(龍谷大学教授)

10:50~11:50 講演:小布施 祈恵子(神戸市外国語大学客員研究員)

11:50~12:00 コメント1:嵩 満也(龍谷大学教授)

12:00~12:10 コメント2:井上 善幸(本研究共同研究員・龍谷大学教授)

12:10~12:30 質疑応答

 

【参加方法】ZOOMによるオンライン開催

以下のURL、ID/パスコードからご参加ください。

 

https://us02web.zoom.us/j/84912938790?pwd=b0lrR3dVdW5kSXQ5WkhnRnQrRlRwQT09

 

ミーティングID: 849 1293 8790 パスコード: 555532

 

【問い合わせ先】 

佐野研究室(sano@world.ryukoku.ac.jp

 

主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター 基礎研究部門特定公募研究(共同)「イスラームのズィクル(唱念)と仏教の念仏の比較考察」
ポスター
講演会「仏教とイスラーム:17世紀以前の相互言及における「仏陀」と「預言者」に注目して」

【開催報告】2020年10月29日(木)講演会「阿弥陀如来の願いと出会う—社会問題に対する真宗的アプローチ—」を開催しました

開催日時
2020年10月29日(木)
講演者

Miyaji Takashi氏(IBS、米国仏教大学院 助教)

 

2020年10月29日、Miyaji Takashi氏を招いて講演会“阿弥陀如来の願いと出会う—社会問題に対する真宗的アプローチ—”を開催した。真宗倫理が専門のMiyaji氏は現在、米国カリフォルニア州・南アラメダ仏教会の開教使を務めつつ、Institute of Buddhist Studies(IBS、米国仏教大学院)でも教鞭をとる。

 

コロナ禍にともなう感染防止のため、今回は一部の大学院生とスタッフを除き、オンライン開催となったが、国内外より多数の方々にご参加いただいた。Miyaji氏の講演内容は以下の通りである。

 

米国において、宗教は倫理と不可欠な課題として認識される。宗教が個人の行動指針や世界観を提示出来なければ宗教として認められない。従来、米国で仏教が倫理問題を説く際には「八正道」「六波羅蜜」「縁起」などの諸思想に基づき論じられてきた。他方、真宗の観点からの言及は少ない。今後、真宗の普遍宗教性を主張するには倫理問題と向き合うことが不可欠である。

 

親鸞教義によれば、衆生は罪悪深重の凡夫であるため、真実に目覚めることは出来ないとされる。しかし、阿弥陀仏の本願「Great Aspiration」によって本当の「人間性humanity」を包む真実の世界と出あうことが可能となる。本願は衆生の自己中心的立場を否定し、真実世界へと導く。そこに個人の世界観の転換が生じる。自己と他者を分節的に捉える二元的視野から、一切存在が連帯した一元的世界があることに気づかされる。これを「oneness through two-ness(二元を通しての一元」と言う。自己中心的世界から他者と連帯する世界へと目覚めた念仏者は、阿弥陀仏の慈悲のはたらきに自らも参画していくこととなる。

 

現在、米国ではコロナウィルスや白人警官による黒人男性暴行死事件などによって、様々な差別問題が顕在化している。開教使として信徒から念仏者としての立場表明を求められることも少なくない。差別心は一部特定の人だけが有するものではない。自他共にもつ凡夫性を内省し、弥陀の本願を通して、それを克服しつつ社会問題に取り組むことが重要である。

 

質疑応答では、倫理学で用いられる倫理の定義と真宗倫理の違いなどをめぐって活発な議論が交わされた。最後に嵩満也教授(国際研究部門長)より、IBSと当センターの協定のもと、今後も「真宗と倫理」をめぐって継続的な共同研究を推進するとともに、研究への協力が呼びかけられ、講演会は滞りなく終了した。

 

Miyaji氏

 

講演会スライド

 

司会の嵩氏

 

オンライン参加者

 

 

主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター応用研究部門・国際研究部門、米国仏教大学院(Institute of Buddhist Studies, IBS)
ポスター
Miyaji氏講演会ポスター