Need Help?

Research Center for World Buddhist Cultures

世界仏教文化研究センター

活動内容

【報告】2月28日(水)鎌田東二「聖地研究の切り拓くもの」第17回研究談話会 開催

開催日時
2018年 2月28日(水) 13:15~14:45
開催場所
龍谷大学 大宮学舎 清風館B-103
講演者

上智大学グリーフケア研究所 特任教授

鎌 田  東 二  氏

上智大学グリーフケア研究所特任教授。NPO法人東 京自由大学理事長。 博士(文学)。

専門:宗教哲学、民俗学、日本思想史、比較文明学。石笛・横笛・法螺貝奏者。 神道ソングライター、フリーランス神主。

著作に『神界のフィールドワーク』『翁童論』『宗教と霊性』『霊 的人間』『場所の記憶』『聖地感覚』『歌と宗教』『世直しの思想』など。

主催
仏教文化研究所
共催
世界仏教文化研究センター
ポスター
0228聖地研究の切り拓くもの

本研究談話会は、龍谷大学仏教文化研究所 共同研究「仏教と聖地に関する総合的研究-聖なる表象とは何か-」(研究代表者:楠 淳證 教授)と世界仏教文化研究センターとの共催で開催致します。

【2018年3月6日】International Special Seminar “Development Monks in Thailand: Past, Today and Future”

開催日時
March 6th (Tue)13:30~17:30
開催場所
2F Meeting Room, Seiko Building, Omiya Campus, Ryukoku University
講演者

13:30~14:00 Opening Remarks:

HAYASHI, Yukio(Faculty of Letters, Ryukoku University)

14:00~16:00 Presentations

Roles of Development Monks in Thai Society (in English)

Dr. Pinit Lapthananon (Chulalongkorn University Social Research Institute)

 Development Monks in the Past: Phrakhru Phiphitprachanat (in Thai)

Mr. Seri Uppatham (Phiphitprachanat Foundation, Surin Province, Thailand)

Question-and-Answer session

16:00~16:15 Break

16:15~17:30 General Discussion   Facilitator: HAYASHI, Yukio

主催
Research Center for World Buddhist Cultures
共催
BARC Research Center for Buddhist Cultures in Asia
ポスター
0306 International Special Seminar

※ 基調講演のみのご来聴でも結構です。お気軽にお越しください。

【2018年2月11日(日)】世界仏教文化研究センター公開研究会「人類知のポリリズム―華厳思想の可能性―」

開催日時
2018年2月11日(日)13:00~18:00
開催場所
龍谷大学 大宮学舎 清和館3Fホール
講演者

2018年2月11日(日)、龍谷大学大宮学舎清和館3Fホールで、公開研究会「人類知のポリリズム―華厳思想の可能性―」が開催されました。以下のPDFから研究会録をお読みいただけます。

◆ 研究会録(PDF) ◆

中沢新一先生、講演テーマ「レンマ学としての華厳」

 

河合俊雄先生、講演テーマ「ユング派心理療法と華厳経」

 

ディスカッションの様子(向かって右より唐澤太輔氏、野呂靖氏、中沢新一氏、河合俊雄氏、亀山隆彦氏)

 

会場の様子

 

(ポスター〔低画質〕)

<満員御礼>◎入場無料、要予約。下の「お申し込みフォーム」もしくはお電話でご予約ください。 

◎予約受付は終了いたしました。大変多くのお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。

プログラム

13:00 ~ 13:10  挨拶:能仁 正顕 ( 龍谷大学世界仏教文化研究センター長)


第一部

13:10 ~ 13:40 発表 ① :唐澤 太輔「南方熊楠の生命観と華厳思想」

13:45 ~ 14:15 発表 ② :野呂 靖「明恵の<夢>と華厳思想」

14:20 ~ 14:50 発表 ③ :亀山 隆彦「マンダラと法界:東アジア密教における華厳思想の意義」


第二部

15:00 ~ 15:50 講演 ① :河合 俊雄「ユング派心理療法と華厳経」

16:00 ~ 16:50 講演 ② :中沢 新一「レンマ学としての華厳」


第三部

17:00 ~ 17:50 ディスカッション (中沢新一×河合俊雄×唐澤太輔×野呂靖×亀山隆彦)

17:50 ~ 18:00 謝辞

総合司会:金澤豊 ( 龍谷大学世界仏教文化研究センター博士研究員)


プロフィール

中沢新一(NAKAZAWA, Shinichi)

中沢新一氏

◎ 講演タイトル「レンマ学としての華厳」

1950年5月28日生

明治大学野生の科学研究所所長

東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了

思想家・人類学者

主著書・論文:『チベットのモーツァルト』(サントリー学芸賞)、『森のバロック』(読売文学賞)、『フィロソフィア・ヤポニカ』(伊藤整文学賞)、『アースダイバー』(桑原武夫学芸賞)、『カイエ・ソバージュ』シリーズ(第5巻『対称性人類学』で小林秀雄賞)、『熊楠の星の時間』(2016年講談社)など多数。これまでの研究業績が評価され2016年5月に第26回南方熊楠賞(人文の部)を授賞。

 

河合俊雄 (KAWAI, Toshio)

kawai

◎ 講演タイトル「ユング派心理療法と華厳経」

1957年9月30日生

京都大学こころの未来研究センター教授(副センター長) 、財団法人河合隼雄財団代表理事

博士(チューリッヒ大学)

臨床心理学者

主著書・論文:『概念の心理療法』(日本評論社)、『ユング―魂の現実性―』(講談社)、『心理臨床の理論』(岩波書店)、『村上春樹の「物語」夢テキストとして読み解く』(新潮社)、『ユング派心理療法』(ミネルヴァ書房)他多数。翻訳にC.G.ユングの『赤の書』(創元社)など。1993年にEgnér奨励賞を授賞。

 

唐澤太輔 (KARASAWA, Taisuke)

IMG_20171111_232906

◎ 発表タイトル「南方熊楠の生命観と華厳思想」

1978年5月23日生

龍谷大学世界仏教文化研究センター博士研究員、本会コーディネーター

博士(学術、早稲田大学)

倫理学、南方熊楠研究

主著書・論文:『南方熊楠の見た夢―パサージュに立つ者―』(勉誠出版)、『南方熊楠―日本人の可能性の極限―』(中公新書)、『「裏日本」文化ルネッサンス』(社会評論社、共著)。2008年「ひらめきと創造的活動のプロセス―南方熊楠の「やりあて」に関する考察を中心に―」で第5回中外日報社「涙骨賞」並びに早稲田大学小野梓記念学術賞を授賞。

 

野呂靖 (NORO, Sei)

野呂先生写真

◎ 発表タイトル「明恵の<夢>と華厳思想」

1979年1月28日生

龍谷大学文学部准教授

博士(文学、龍谷大学)

日本仏教、華厳学

主著書・論文:「明恵門下における『即身成仏義』解釈-高信撰『六大無碍義抄』上巻翻刻-」(『仏教学研究』62・63合併号)、「中世華厳教学における浄土義解釈」(『印仏研』56巻1号)、「存覚撰『歩船鈔』における聖道門理解-「華厳宗」項の検討を中心に-」(『真宗研究』55号)、「智積院新文庫蔵『華厳五教章』注釈書にみる中世後期の華厳学」(『印仏研』60・2号)、「自死対策における宗教者の役割」(『ケアとしての宗教』叢書宗教とソーシャル・キャピタル第3巻、共著、明石書店)、『明恵上人夢記訳注』(訳注執筆、夢記年表・明恵略年表編集、勉誠出版)

 

亀山隆彦 (KAMEYAMA, Takahiko)

亀山さん写真

◎ 発表タイトル「マンダラと法界:東アジア密教における華厳思想の意義」

1979年7月31日生

龍谷大学非常勤講師/世界仏教文化研究センター リサーチ・アシスタント

博士(文学、龍谷大学)

仏教学、密教学

主著書・論文:「六大と赤白二渧 : 真言密教思想における胎生学的教説の意義」(『真宗文化 : 真宗文化研究所年報』26号)、「『駄都秘決鈔』の五蔵曼荼羅理解」(『仏教学研究』71号)、“‘Correct Awareness and Firm Belief’ (shinchi) in the Saigokanjo jogyo shin’yoho”(『印仏研』64・3号)、“Arising of Faith in the Human Body: The Significance of Embryological Discourses in Medieval Shingon Buddhist Tradition”(Pacific World: Third Series, vol.18)、『聖一派 中世禅籍叢刊第4巻』(『東寺印信等口決』翻刻・解題、臨川書店)、『聖一派 続 中世禅籍叢刊第11巻』(『菩提心論随文正決』巻3翻刻、全体校訂、臨川書店)

 

主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター
共催
明治大学野生の科学研究所
京都大学こころの未来研究センター
龍谷学会
協力
龍谷大学仏教文化研究所「仏教と聖地に関する総合的研究―聖なる表象とは何か―」研究代表:楠淳證
龍谷大学アジア仏教文化研究センター

 

ポスター表(高画質)

ポスター(表)高画質

ポスター(裏)高画質

ポスター(裏)高画質

◎ 要予約

定員150名様、入場無料

◎ お申し込みは、「お申し込みフォーム」に、① 氏名(フリガナ)、② 参加人数、③ E メールアドレス、④ 電話番号を入力の上、送信してください。

 送信ができた時点で予約完了です。

 こちらからの予約完了メールはお送りしておりません。

 当日、受付にてお名前と人数をお知らせ下さい。

定員になり次第、締め切ります。

 

満員御礼(12月28日) 予約受付は終了いたしました。

お申し込みフォーム(クリックでフォームへ移動します)

◎ お電話でのお申し込みは

075-343-3812

龍谷大学世界仏教文化研究センターまで。(平日10~17 時、土日祝は休み)

2017年12月29日(金)~2018年1月8日(月)まで冬期休業中のため、お電話での受け付けができません。どうぞご了承下さい。
◎ ご不明な点やキャンセルは、世界仏教文化研究センターまでお電話でお問い合わせください。
〒 600-8268 京都市 下京区 七条通 大宮東入 大工町125-1 龍谷大学 大宮学舎 白亜館3F
龍谷大学世界仏教文化研究センター (075-343-3812)
※お申込みいただいた個人情報は、本会の運営以外の目的には使用いたしません。

交通アクセス
●JR東海道本線・近鉄京都線「京都」駅下車、北西へ徒歩約10分(市バス約3分)
●京阪本線「七条」駅下車、西へ徒歩約20分
●阪急京都本線「大宮」駅下車、南へ徒歩約20分(市バス約5分)

 

会場:龍谷大学大宮学舎清風館3Fホール(下記地図をクリックしてください)

omiya

oomiya

清和館3Fホール

清和館3Fホール


 

2017年9月28日(木)、10月5日(木) 世界仏教文化研究センター公開研究会

開催日時
2017年9月28日(木)、10月5日(木) 13:15~14:45
開催場所
龍谷大学大宮学舎 清風館3階共同研究室
講演者

<Day1>

9月28日(木)13:15~14:45

  • 発表1「南方熊楠が見た聖なる表象聖地那智山での体験とともに―」唐澤太輔(龍谷大学世界仏教文化研究センター博士研究員)
  • 発表2「「越後の親鸞」像の形成と確立過程―『御伝鈔から近代へ 大澤絢子(龍谷大学世界仏教文化研究センターリサーチ・アシスタント)

<Day2>

105日(木)13:1514:45

  • 発表3「参詣曼荼羅の時空間―立山曼荼羅における地獄表現の諸相―」亀山隆彦(龍谷大学世界仏教文化研究センターリサーチ・アシスタント)
  • 発表4「仏教説話にみる海の表象―もう一つの聖地像―」李曼寧(龍谷大学世界仏教文化研究センターリサーチ・アシスタント)
  • 発表5「聖なる表象としての災害モニュメントと仏教者の役割」金澤豊(龍谷大学世界仏教文化研究センター博士研究員)

「聖地PJ」チラシ・ポスター_ページ_1「聖地PJ」チラシ・ポスター_ページ_2地図

高画質ポスターは下(PDF)

◎入場無料、予約不要、一般来聴歓迎

共催
・龍谷大学世界仏教文化研究センター
・龍谷大学仏教文化研究所「仏教と聖地に関する総合的研究―聖なる表象とは何か―」(代表:楠淳證 )
協力
・龍谷大学アジア仏教文化研究センター(BARC)
ポスター
「仏教と聖地に関する総合的研究―聖なる表象とは何か―」

龍谷大学仏教文化研究所共同研究プロジェクト「仏教と聖地に関する総合的研究―聖なる表象とは何か―」(代表:楠淳證 )

<研究目的>

仏教にまつわる聖地は日本に多く存在します。例えば、高野山や比叡山、熊野三山などです。このような聖地は、一体どのようなプロセスで創出されたのでしょうか。本研究では、その「表象 representation」の過程を明らかにしていきます。聖地にまつわる「表象」において、夢告を欠くことはできません。特に祖師たちが聖地において夢告を得る話は非常に多く残っています。またそれが宗教的回心(原体験)になることも少なくありません。つまり、聖地と聖者(祖師)は密接に関連しているのです。古来、聖者は「神と通じる者 medium」としての役割を担うことがありました。例えば、彼ら彼女らは、夢を通じて神(仏)と出会っていたと思われます。そのような祖師像は、時に伝説として語られ、時に逸話として語られてきました。

人々は聖地でどのような夢を見たのでしょうか。そもそも、なぜ人は聖地に惹かれるのでしょうか。なぜ命を賭してまで向かうのでしょうか。本研究プロジェクトでは、聖地をめぐる人々の営為を通じて、人間存在の根本的在り方を探求します

また、聖地は必ずしも常に聖地だったわけではありません。聖地も諸行無常であり、普遍性をもつものではありません。つまり聖地は古いものだけではなく新たに創出されるものでもあのです。本プロジェクトでは、仏教にまつわる古の聖地を研究し、人々が託した想いを知り、また悼むことによって生まれる聖地も考えつつ、多角的な視点から研究を行っていきます

karasawa

唐澤太輔氏

osawa


大澤絢子氏

亀山隆彦

亀山隆彦氏

李曼寧

李曼寧氏

金澤豊

金澤豊氏

 

7月27日(金)「釈尊の出家動機ー仏伝における「四門出遊」の成立ー」公開研究会が開催されました

開催日時
2017年7月27日(金)13:15〜14:45
開催場所
龍谷大学大宮学舎 西黌2階大会議室
講演者

天野 信氏(仏教文化研究所客員研究員)

主催
龍谷大学仏教文化研究所(能仁研究班)
共催
龍谷大学世界仏教文化研究センター

2017年6月17日(土)2017年度RINDAS第2回国際ワークショップ 「バングラデシュをめぐる現在的課題を考える」

開催日時
2017年6月17日(土)14:30~17:30
開催場所
龍谷大学大宮キャンパス 清風館3階・共同研究室
講演者

“Considering Current Issues about Bangladesh”

〈開会の辞〉
若原雄昭(龍谷大学・文学部・教授)
Dr. Dilip Kumar Barua (Professor, Department of Pali and Buddhsit Studies, University of Dhaka)

〈報告者・タイトル〉
Dr. Sikder Monoare Murshed (Professor, Department of Linguistics, University of Dhaka)
“The Impression of Rabindranath Tagore towards Japan and Buddhism”

Dr. Zeenat Huda (Professor, Department of Sociology, University of Dhaka)
“Rise of Religious Terrorism in Bangladesh: Causes and Consequence”

Dr. M Wahiduzzaman (Vice-Chancellor, Noakhali Science and Technology University)
“Penetration of Rohingya in Bangladesh: Potential Threat”

〈コメンテータ〉
高田峰夫(広島修道大学・人文学部・教授)
南出和余(桃山学院大学・国際教養学部・准教授)

〈閉会の辞〉
嵩 満也(龍谷大学・国際学部・教授)

【使用言語:英語】
【一般参加歓迎】
【連絡・問合せ先:舟橋健太(funahashi[at]ad.ryukoku.ac.jp) [at]に@を代入】
(資料等準備の関係上、ご参加される方は事前にご一報いただければ幸いです。)

 

詳細は、以下のサイトを御覧ください。

http://rindas.ryukoku.ac.jp/news/2017/06/20176172017rindas2.html

主催
龍谷大学南アジア研究センター(RINDAS)
共催
龍谷大学アジア仏教文化研究センター(Research Center for Buddhist Cultures in Asia (BARC), Ryukoku University)、龍谷大学世界仏教文化研究センター(Research Center for World Buddhist Cultures, Ryukoku University)、南アジア地域研究・京都大学拠点・バングラデシュ研究会(Bangladesh Research Unit of KINDAS)
ポスター
"Considering Current Issues about Bangladesh"

第2回『歎異抄』ワークショップ参加者募集

開催日時
2017年8月4日(金)~2017年8月7日(月)
開催場所
大谷大学
講演者

龍谷大学世界仏教文化研究センター、大谷大学真宗総合研究所と米国カリフォルニア大学バークレー校東アジア研究所(以下、IEAS Berkeley)の三研究機関は、学術交流協定を締結いたしました。龍谷大学世界仏教文化研究センター・大谷大学真宗総合研究所・IEAS Berkeleyは、あらゆるレベルでの研究者間の真宗学研究の学術交流を促進することの重要性を認め、日本における仏教理解に大きな影響をもたらした『歎異抄』に関する前近代及び近代の研究の翻訳と解釈に重点を置いた5年間の研究プロジェクトに協力することを決定しました。その中でも最重要事業として年に2回のワークショップを行ないます。

 

ワークショップは基本的に英語で行われ、日本語の使用は最小限になります。対象となるテキストは古文と近代日本語が中心であり、いくつか漢文と英語の資料も使用します。参加者には、事前に割り当てられた資料を読んでくることと、場合によってはその内容に関する英語のプレゼンテーションをすることが求められます。

本ワークショップを共催する3大学に所属している必要はなく、どなたでも御応募いただけますが、特に意欲ある大学院生を歓迎します。古文や近代日本語を読むことができ、仏教思想や文化に慣れ親しんでいる方、仏教に学問的関心を持ち、英語で議論に参加できる方であれば、国内外の大学院生を幅広く募集しています。

 

詳細は、以下のサイトを御覧ください。

第2回『歎異抄』ワークショップ

 

共催
大谷大学真宗総合研究所
The Centers for Japanese Studies and Buddhist Studies at the University of California, Berkeley
龍谷大学世界仏教文化研究センター