Need Help?

Research Center for World Buddhist Cultures

世界仏教文化研究センター

活動内容

シンポジウム・2019年度

【開催報告】龍谷大学380周年記念シンポジウム「仏教・イスラーム・キリスト教の交流に向けて―比較宗教の視座から―」

開催日時
2020年2月7日(金)10:00-17:00
開催場所
龍谷大学 大宮学舎 東黌301教室
講演者

※※※※※※※※※※※※※※※

本シンポジウムは龍谷大学380周年を記念し、仏教を軸に、イスラーム、キリスト教という世界宗教を比較して交流の手がかりを探る試みでした。午前の部では、嵩満也氏(龍谷大学国際学部教授)が開会の辞で、浄土真宗を母体とする龍谷大学の他宗教との交流の試みについて説明した後、鎌田繁氏(東京大学名誉教授)が、仏教とイスラームのインドにおける出会いの歴史に触れ、浄土真宗との帰命、偶像崇拝禁止などの類似点を指摘する基調講演を行いました。次いで、デニス廣田氏(龍谷大学文学部名誉教授)の講演では、中世ドイツの神秘家エックハルトと親鸞思想の比較がなされ、両者の間に、超越した真実、その流出的次元といった点で共通性が見られる一方、信仰の目指す方向性として前者は神性への回帰、後者は浄土から現世へと逆の面があることが指摘されました。続く嵩氏のコメントでは、こうした相違点も踏まえて、比較宗教の方法として排他的包括主義から他宗教も受け入れる宗教多元主義的視座が必要となる点が論じられました。

 

午後の部では、鶴岡賀雄氏(東京大学名誉教授)が、中世カタルーニャ(スペイン)のキリスト教哲学者・ライムンドゥス・ルルスの生涯と事績を、同人の絵伝を交えて解説し、ムスリムをカトリックに改宗させるため布教には失敗したものの「ルルスの術」という独自の方法を編み出し、ユダヤ・キリスト教・イスラームを論じた著書ではその優劣を明示しないなど、比較宗教の視野から再評価に値する旨を論じました。続く野元晋氏(慶應義塾大学教授)のコメントでは、イスラームにおける「ルルスの術」のような宗教外の「知」としてのギリシア哲学の影響と、中世イランのイスラーム神秘思想家・スフラワルディーによる哲学を援用した普遍的「照明の学」の提唱などが論じられました。

 

次いで、佐野東生氏(龍谷大学国際学部教授)は、2019年12月のトルコ調査を踏まえ、中世トルコのイスラーム神秘主義者・ルーミーの生涯と『精神的マスナヴィー』などの著作を通じて、ルーミーがイエスを「神の息吹」を備える聖人として高く評価し、キリスト教徒と親密に交流した模様を解説しました。続く平野貴大氏(東京大学博士研究員)の講演では、同じくトルコ調査に基づき、ルーミーを祖とするメヴレヴィー教団のセマーと呼ばれる体を旋回させ神との一体化をはかるズィクル(神への祈り)など、イスラームのズィクルについてシーア派を視野に入れて論じられました。最後に井上善幸氏(龍谷大学法学部教授)の講演では、ズィクルとも比較される仏教の念仏について、「機法一体」を旨としつつ、浄土真宗では阿弥陀仏と衆生は区別される旨の解説がなされました。以上の講演を通じ、諸宗教が相違を前提としながら共通点も見出していくことが21世紀の世界で交流・対話のきっかけとなる認識が共有されました。

 

鎌田繁氏(東京大学名誉教授)

 

デニス廣田氏(龍谷大学名誉教授)

 

嵩満也氏(龍谷大学教授)

 

鶴岡賀雄氏(東京大学名誉教授)

 

野元晋氏(慶應義塾大学教授)

 

佐野東生氏(龍谷大学教授)

 

平野貴大氏(東京大学博士研究員)

 

井上善幸氏(龍谷大学教授)

 

 

会場の様子

 

 

 

 

 


 

主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター
共催
龍谷大学国際社会文化研究所
ポスター
チラシ「仏教・イスラーム・キリスト教の交流に向けて―比較宗教の視座から―」

【開催報告】日中韓国際シンポジウム「東アジア仏教思想史の構築―凝然・明恵と華厳思想―」

開催日時
2019年12月14日(土)9:30~17:00、12月15日(日)9:30~12:00
開催場所
龍谷大学 大宮学舎 東黌302教室
講演者

※※※※※ ※※※※※ ※※※※※

 

本シンポジウム「東アジア仏教思想史の構築―凝然・明恵と華厳思想―」は、東国大学校仏教文化研究院HK研究団、中国人民大学仏教興宗教学理論研究所、中央民族大学哲学興宗教学学院、龍谷大学世界仏教文化研究センターの4機関の共催により開催された。2017年度よりすでに前三機関によって「東アジア仏教思想史の構築」をテーマとする研究集会が2回に亘り開催されてきた。今回はその連携に本学世界仏教文化研究センターが参画しての開催となった。

 

近年、日本仏教研究の重要な視座の一つとして、東アジア諸地域との相互交渉が注目されている。特に中国、朝鮮半島に花開いた仏教思想・儀礼・文化は、主として古代・中世通じて日本との相互交流によって新たな思想を生み出すに至った。したがって、その実態解明には日中韓の仏教研究者らの協働による総合的な検討を要する。

 

シンポジウムでは、こうした観点から東アジア仏教を代表する思想家のなかより、鎌倉時代の凝然と明恵を取り上げた。凝然は中世東大寺を代表する僧侶であり、その著述は近世以降の日本仏教研究の綱格とされてきた。近年では凝然の膨大な著述のなかに引用された散逸文献の調査も進展しつつある。他方、明恵は華厳と密教を修学するとともに、その思想には新羅・高麗の華厳思想や宋代仏教の影響が見られるなど、東アジア仏教の思想的交流を検討するうえで極めて重要な僧の一人である。こうした点を踏まえ、日中韓の華厳学研究者を中心に凝然・明恵の思想とその意義について多角的に検討した。

 

 

 

シンポジウム登壇者および主催者

 

 

 

 ※詳細な報告は下記PDFよりご覧いただけます。

 

 

 

主催
龍谷大学世界仏教文化研究センター(RCWBC)、龍谷大学アジア仏教文化研究センター(BARC)
共催
(韓国)東国大学校仏教文化研究院HK研究団
(中国)中国人民大学仏教與宗教学理論研究所
(中国)中央人民大学哲学與宗教学学院

【2019年7月13日】研究会のご案内 2019年度 第1回RINDAS国際会議

開催日時
2019年7月13日(土)13:30-17:30
開催場所
龍谷大学大宮キャンパス 西黌2階 大会議室
講演者

South Asian Buddhist Movements in recent years
(近年の南アジア仏教徒たちの運動について)

 

[大宮キャンパス・アクセス]
京都市下京区七条大宮(京都駅から徒歩約15分)
http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html
[大宮キャンパス・施設地図]
http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/omiya.html
(会場は、上記リンク地図内⑥番の建物になります。
地図は、右方向が北になっておりますので、ご注意ください。)

 

報告:

1. Textual Education of Nuns: Ascending Theravada and anagārikas in Contemporary Nepal
工藤さくら (東北大学)

[発表要旨]
This paper considers how the actions of anagārikā in Nepal exert influence on local people’s literacy and lifestyle rituals.
Literary education of women through reading and writing is closely related to which female ascetics or anagārikās (‘homeless-ness’) acquire the textual education by reading Buddhist texts in nunneries. Anagārikās of Theravada Buddhism in Nepal encourage women’s education by means of literacy yet through such literature, they also emphasize personal moral growth.
Theravada was introduced into Nepal in modern times. The monastic tradition of Buddhism in Nepal collapsed when the married clergy were gradually embraced by society during the 11-12th centuries. During a 20th century resurgence of modernized Buddhism, celibate and monastic forms of practice were reintroduced via India and Sri Lanka. Although this modernized form of Buddhism is known as Theravada in Nepal, such a classification may not completely ascribe to traditional view of the term. The years approaching 1990 bore witness to a turning point. Nepalese Theravada grew significantly alongside a democratic agenda promoting Buddhism’s symbolism of equality for ethnic cultures and languages, and through this, also freedom of religion. Since the first Theravada nunnery was built in Kathmandu in 1964, its monastics began teaching courses on pariyatti sikṣā (education about Tipiṭaka) not only for other nuns, but lay women in the Newar society.

 

2. An overview of Modern Buddhist Movements in India
Dr. Mrigendra Pratap (Savitribai Phule Pune Univrsity)

[発表要旨]
The background of modern Buddhist movements in India begins with the revival of Buddhism in the middle of the 19th century. The rediscovery of Buddhism in India started with an effort of archaeologists, linguists, academics, and Buddhist leaders. Thereafter, at least four different forms of modern Buddhism emerged in the mid-twentieth century in India.
This includes: (i) Dr. B. R. Ambedkar’s Navayāna “Modern Vehicle” (ii) Urgyen Sangharakshita’s Triyāna “Threefold Vehicle” i.e., Triratna Buddhist Order (iii) S. N. Goenka’s Vipassana Movement and (iv) His Holiness the 14th Dalai Lama’s Universal Buddhism. This talk will give an overview of these four modern Buddhist movements and it will be covered in three parts:
(a) The background of modern Buddhist movements in India.
(b) The life and works of these four Buddhist leaders in Indian context.
(c) The impact of these movements on Indian society.

コメンテータ
Prof. Sudan Shakya (種智院大学)
TBA

 

使用言語:英語

 

どなたでもご自由にご参加いただけます。

 

問い合わせ先:

井田克征(IDA Katsuyuki)
E-mail: ida@ad.ryukoku.ac.jp

(資料等準備の関係上、ご参加される方は事前にご一報いただければ幸いです。)

 

主催
龍谷大学南アジア研究センター(RINDAS)
共催
龍谷大学世界仏教文化研究センター
ポスター
20190713第1回RINDAS国際シンポジウムチラシ